新宿に引っ越した出来事

今から25年ほど前の話です。私は所沢にある職業リハビリテーションセンターで、就労活動をして、新宿NSビル12階にある株式会社斎憲の入社が決まりました。
私の障害は脳性麻痺による四肢体幹機能障害で、通勤は困難のため自宅からバスや電車を利用するのは正直キツイと感じていました。

メタシボリは販売店で市販されている?私の口コミと効果をレポートします!

ですが、会社の近くに寮があるなんて、そんなことはあるのか?諦めずに就労活動していると、なんと新宿のNSビルです。ここは高校の頃に東郷青児美術館でゴッホの向日葵を見た後に、NSビルにあるカレー屋さんで、カツカレーを食べました。しかもNSビルで働くなんて赤い糸でつながっているような感覚でした。所沢の頃は5人部屋だったので、プライバシーなんて一切なかったです。
まず!就職が決まった時不安よりもワクワクした気持ちが強かったです。

仕事場から寮まで歩いて10分も経たない程度の距離でしたので、仕事が終わってから新宿中央公園で足を引きずりながら必死に歩きました。自分の信念は、12歳の頃に病気になって歩けなくなったことが5~6年間あったので、いつまた歩けなくなるかもしれないという危機感は相当ありました。ある時は、住んでる寮が9階にあって階段昇降トレーニングを3往復しました。非常階段のため誰とも遭遇することはありませんでした。本当は禁止だと思いますが、自分の住んでいた9階ではなく10階までのぼった時の達成感は今でもはっきり覚えています。25年も経つと体重が増えて困りますが、足腰は健在です。これからもチャレンジ精神を忘れずに頑張ります。