繰り返されるリバウンドからの脱却

遡ること十数年、まだ私が中学生の頃です。

その頃の私は自他共に認めるほど、痩せ体型でした。

線が細く、小食でもありました。

特に気にしていることもなかったのですが、

中学3年生になり、お付き合いする女性ができました。

その女性は痩せている男の人よりも、体格の良い人が好みだと語っていたこともあり、そこから私は猛特訓です。

食事は基本的に肉中心、お腹が満たされてからさらに米をもう一杯、食後にはプロテインを1リットル一気飲み、そして筋トレという風に変化していきました。

体重は半年で10キロ増加しましたが、筋肉量も増えていた為、特に気にもしていませんでした。

しかし月日は経ち、その彼女と分かれました。

別れてからというもの、気を使う相手がいなくなったのを良いことに、食べる量はそのまま、トレーニングは一切しなくなっていたのです。

その時には、中学生時代の痩せている時期から20キロも増加していました。

しかし、そこから半年、特にトレーニングもしていないのに自然と痩せることができたのです。

これに味をしめ、私は痩せ体質なのだ、と思い込むようになりました。

そこからというもの、半年ごとに10キロの増減を繰り返し、数年が過ぎていました。

ある時を境に、全くと言っていいほど、痩せることはなくなりました。

来る日もくる日も、体重は増えるばかりです。

実は痩せ体質などではないのでは?と気づき、そこから行動を変えました。

一番は食事制限です。基本的な食事はコンビニなどにあるサラダチキン、サラダを主としました。

これをずっと続けることは不可能であると感じたので、

週に一度だけ好きなだけ食べる日を設けました。

さらに、車で通勤していた会社は電車と徒歩に変更、毎日10キロは歩く生活になりました。

ある程度の許容範囲を残すことで特に苦しむことなく、無理なく続けることができた為、半年で14キロダイエットをすることができました。

当時の食事制限から現在では胃が小さくなったのか、食事量は自然と減り、この約2年間は増減することなく、体型を維持することができてます。

自分のできる範囲で生活を変えてみること、これが一番のポイントになったと感じてます。

是非参考にしてみてください。