「エクリン腺」と「アポクリン腺」

わきは、汗の出る器官である汗腺が「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類が存在する特有な部位です。

プルーストクリームを辛口評価!

「エクリン腺」からの汗は皮膚表面に出るまでの過程で、からだに必要な成分が吸収され、99%水分として出てきます。この汗腺のろ過機能は運動不足など汗をかく習慣がなくなると機能が低下し、べたべたとした成分濃度が高い汗となってしまいます。

汗のにおいは皮膚表面で皮膚のアカや皮脂などが混じり合った汗を細菌が分解することによって発生しますが、成分濃度が高い汗は細菌の繁殖を促進させ、においを強くする原因になります。汗をかけばかくほど汗腺のろ過機能は高まり、成分濃度が薄くなることが分かっています。

においを抑えるには適度に汗をかいて汗腺を鍛えること必要です。ウォーキングなどの有酸素運動やゆるめのお湯にゆっかりと浸かるなど、汗をかく習慣をつけましょう。

一方、「アポクリン腺」から出る汗は「エクリン腺」から出る汗に比べ、においのもとになるタンパク質、ミネラルなどが多く含まれているのが特徴です。ストレスを感じると「アポクリン腺」より、「精神性発汗」という汗をかきます。ストレスを溜め込まないことが、においを抑えることになります。